富岡不撓が書家になるまでの記録ブログ「百折不撓」

百折不撓:何度も失敗してもたわまないこと、心がかたく困難に屈しないこと 

2016.11.21[月] 反省

仕事を理由に不摂生が祟り
2016/10/21(金)虫垂炎にて切除手術を受け、入院
10/26(水)に退院するも、その後熱っぽく、腹部が痛みだし
11/6(日)に再入院
腹部に血の膿が溜まっているとのことで
管を入れて膿を出し、抗生剤で炎症を抑え
11/21(火)退院
しばらく通院はつづく

ここ一年近く、書に取り組む時間も控え目であった

入院中、家族には、特に妻には心労をかけた
仕事関係では、依頼主にも迷惑をかけた
この状況を招いたのは自分である

入院期間中半分くらいは腹部の痛みで
ただただ、眠りたかったし眠っていた
痛み止めを求めた
何もできなかった

痛みが和らいでからは本を読み耽った

不摂生も書への向き合い方も、仕事は理由にならない

根本的に自分のいろいろが間違っていた

感謝が足りなかった

何をやっているんだ

からだの痛みが心の痛みと重なり
気付きを与えられた

おおいなるものからのメッセージなのか
昨年来世に旅立った母からのメッセージなのか

今世の自分の使命は何か?
そんな大げさに考えなくても
自分が本気でエネルギーを注ぐことは何なのか?
好きで好きでやりたいことは何なのか?
自分の魂の声がきこえないのか?
時間を与えられたことで、問いかける日々がつづいた

反省し
今は、こうしてみようかなという何か湧き出るものを感じている

心身を健康に保ち、調和させ
今世で命を燃やし、一日一日を精一杯生きようと思う

自分にとって書はどんな存在なんだろう?

やっぱり好きなんだ

だから、これからもゆるされる限り
書の創作をつづけます





◎気付きを与えてくれた本たち

・『1%の力』 鎌田實 著 河出書房新社
・『人は死なない ─ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索─』 矢作直樹 著 バジリコ
・『人はなぜ生まれいかに生きるのか ─新装版・自分のための「霊学」のすすめ』 江原啓之 著 ハート出版
・『スピリチュアルな人生に目覚めるために ─心に「人生の地図」を持つ』 江原啓之 著 新潮社
・『シルバーバーチのスピリチュアル・メッセージ ─真実の愛であなたが変わる』 トニー オーツセン 著・編集 近藤千雄 翻訳
・『生かされて。』 イマキュレー・イリバギザ スティーブ・アーウィン 著 堤江実 翻訳
・『釈尊の断食と呼吸法 ─心身を覚醒させるウポワズと呼吸法』 前田行貴 著 地湧社
・『「体を温める」と病気は必ず治る ─クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法』 石原結實 著 三笠書房
・『ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか』 宗田哲男 著 光文社
・『井上有一 書の破壊と創造 』  (別冊太陽 日本のこころ 235) 海上雅臣 監修 平凡社


読み返した本もある
以前には感じられなかった今の受け止め方があった
これらの本との出会いに感謝しています

言行一致
これからの自分次第です






(ブログ:百折不撓 by 富岡不撓)
スポンサーサイト
    15:29  Top
Pagetop