富岡不撓が書家になるまでの記録ブログ「百折不撓」

百折不撓:何度も失敗してもたわまないこと、心がかたく困難に屈しないこと 

2013.10.04[金] 書燈 vol. 797 漢字課題

智永「草書千字文」(楷書は主に宝墨軒本、草書は宋拓関中本、谷氏本)より
半紙に四文字

【具膳餐飯】
訓読:膳(ぜん)を具(そな)え飯を餐(くら)い、
通解:膳をそなえ食事をするには、


・楷書
20131004_senjimon_kai_1.jpg
10/4、午前の書


・行書
20131004_senjimon_gyo_1.jpg
10/4、午後の書


・草書
20131004_senjimon_so_1.jpg
10/4、夕方の書





書燈月例課題に取り組むのは半月ぶり
「それでいいのか?」「それでいいんだ」と自問を繰り返す
仕事と書、どちらもひとつずつ向かえ

今日の気分
BGMは最近の Trance Mix をエンドレス
ビートと透明感のある女性の声
体内回帰じゃないけれど、鼓動が打っているようで
何だか気持ちよくて落ち着く
そして無心になれる

---

今まで漢字課題は三体で500枚程書いていたけれど、もうやめる
楷書100枚以内、行・草は80枚以内にする

少ない枚数で、どれだけ集中して智永の書きぶりに迫ることができるか
プラスαの力強さや気力を込められるかどうか

目の前の一枚が最後の一枚、一期のつもりで書こう

文房四宝じゃないけれど
書道具があって、書に取り組める時間があるだけで
しあわせなことだ






(ブログ:百折不撓 by 富岡不撓)
スポンサーサイト
    12:32  Top
Pagetop