FC2ブログ

富岡不撓が書家になるまでの記録ブログ「百折不撓」

百折不撓:何度も失敗してもたわまないこと、心がかたく困難に屈しないこと 

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:--  Top

2013.11.30[土] 第92回 書燈社研究会と臨時昇段級試験

第92回 書燈社研究会に参加
2013年11月28日(木)〜29日(金)
横浜文化体育館

今回諏訪チームは10人以上が乗り込んで賑やかだった
書友の三澤さんと一緒で、いろんな意味でうれしい気持ちになった

浜先生はじめ書燈社の先生方
かけていただいたおことばを忘れません
ご指導ありがとうございました
運営に関わるみなさま、お世話になりました
ありがとうございました

---

先生方の創作者としての気持ちやこころの内を
少しずつ知るというか感じるというか
書家とよばれる人は違う

肌で感じることができる
生身の存在でお会いすることができる

関内の書燈社研究会は、こころがほぐれる特別な場所となっている




20131129_kenkyukai_1.jpg
臨書半切二体提出作品
左:顔真卿「争座位文稿」より 右:虞世南「孔子廟堂碑」より
11/29の書



先生方のアドバイス
研究会の有限の時間の中で、できるだけ反映しようと挑む

きく耳を持つこと、それを実践すること
全てうまくいったわけではないけれど
今の自分ができることをやったので
すがすがしい気持ちで閉幕できた

下手でもいい
今の自分を記す

臨書は創作につなげるための基礎体力づくりのようなもの



書に向かうことができるわたしはしあわせ者
家族に、ありがとう






(ブログ:百折不撓 by 富岡不撓)
スポンサーサイト
    13:16  Top
Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。